Entries

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013年10月16日(水)

事務所にて、ふと思った事。

すべての仕事が台本通りにいくようなら、大した苦労も無いしカンタンに誰にだって出来る事。
だって最初からあらすじが決まってるのだから。

でも、それって仕事って言えるのかな・・・?

思い描いてる理想のラストシーンに辿りつく為に、悩んだり知恵を絞ったり、そうやって誰かと同じじゃない創意工夫や努力を重ねた上での結果でこそ、意味のある仕事だと思うんですよね。

イヤイヤやっても仕事。喜んでやっても仕事。

どーせやるのなら、前向きにお客さまも自分も満足いく仕事が出来るようにしたいものです。
スポンサーサイト



2009年06月30日(火)

「粋」・「義」・「ユーモア」

“メシネタ”ばっかのブログなので、たまには独り言でも綴ってみようかと。(笑)



突然ですが皆さん、明確な「人生の目標」ってお持ちですか・・・?



「人生の目標」って一言で表現すると、それ自体の意図するものがあまりにも大きすぎて曖昧な気がしますが、例えば時系列別(短期・中期・長期)で設定してみたり、仕事関係(年商・年収)に絡めて考えてみたりと、十人十色の様々な定義付けがあると思います。



とは言いつつも、周囲の方々に「人生の目標ってお持ちですか?」という質問をさせていただくと、漠然(少数派ですが、明確な方もいらっしゃいます)としながらも、ある程度の方向性を語って下さる方が多数派です。もっと言うと「●●歳までに●●を買う」とか「●●年までに、年商を●●億円にする」などの、いわゆる“物理的な目標”をお持ちの方がほとんどのケースと言っても過言ではないでしょう。



それはそれで大変重要な事だと思います。例えば子供であれば、進学したい学校についてや、なりたいスポーツ選手を目指したり、大人であれば事業計画や個々の売り上げ目標など、目指すべきゴールに向かって推進していかなければならないプロセスが、立場の違いはあれど誰にでも必ずありますから。まして「100年に一度の大不況」なんて言われている昨今、現実的に仕事抜きの人生なんてモノは、決してありえないでしょうし。



でも本当にそれだけでしょうか・・・?少々哲学的な発想になってしまいますが、私の場合は昔から上記で述べた“物理的な目標”の他に、もう1つ“精神的な目標”というものを設定(意識)して毎日を過ごしています。それが今回のテーマになっている「粋」・「義」・「ユーモア」です。



ちなみに「粋」とは『身なりや振る舞いが洗練されていて、格好よいと感じられること。また、人情に通じていること、遊び方を知っていること』で、「義」とは『正しい行いを守ること・誠実で偽りのない態度で臨むこと』ですが、もう1つ私なりの解釈を加えるならば『感謝の気持ちを忘れる事なく、その恩に報いる精神』だと考えています。最後の「ユーモア」ですが『ジョークや駄洒落、より複雑で知的な言葉遊び、冗談、法螺(ほら)などを用いて、コミュニケーションをとるにあたり会話を円滑にするテクニック』ということです。



繰り返しになりますが、私にも“物理的な目標”は勿論あります。これは「やりたい事」や「欲しいモノ」を満たす物理的な要素であり、高いモチベーションやパフォーマンスを保つためには、非常に必要不可欠なものであると考えるからです。



で、もう1つは「こうありたい」「こういう人間になりたい」という精神的な要素です。大変嬉しいことに、私には仕事でもプライベートでも、一緒になって喜びを分かち合える仲間がたくさんいます。本当にありがたい事だといつも心から感謝しています。だからこそ、私自身もそういう方々に喜んでもらえるような「粋」で「義」に厚い「ユーモア」を忘れない人間になりたいと常に意識しています。



私に限らず皆さんそれぞれ仕事をしていれば、利益を追い求めていくのは当然の事ですし、義務(責任)だと思います。でも日々仕事をしていると、利益追求ばかりを優先しすぎるあまり、目を覆いたくなるような仕事内容で利益を出しているような会社が少なくないという現実も、残念ながら事実としてあります。



私やウチの会社で出来る事なんて高が知れてますし、世の中全体から見ればすごくちっぽけな事でしょう。でもどうせなら、それが仕事であろうがプライベートであろうが「ありがとう!」と人々から喜ばれる様な生き方をしていきたいです。まだまだ人生先が長いでしょうからね(笑)



「至誠天に通ず」です。



これからも「粋」で「義」に厚い「ユーモア」溢れる人間を目指して精進していきます♪


2008年06月13日(金)

肩書き

あなたの“肩書き”は・・・?




さて突然ですが、ブログをご覧の皆様の“肩書き”ってどんな感じでしょうか・・・?
実は私、つい最近までこの“肩書き”っていうテーマについて結構考えてたんですよね。




専務だろ・・・?




まぁそー言われればその通りなんですが・・・。




でもそれってあくまでも「(株)D.P.EYE」という会社内での“職制上の呼び方”であって、ここで私が言っている“肩書き”の概念というのは、例えば中沢社長なら『デザイナー』とか、tomiyaさんなら『マーケティングプランナー』だとか、いわゆる“会社の職制”ではない“自分自身の仕事を表現する呼び名”の事なんですよね




この会社の専務取締役を引き受ける迄の私だったら「ライフコンサルタント」とか「保険屋」(←ちなみに、今月25日をもって“プレイヤー”から一歩引いた立場の“パートナー”という身分に変更いたします。)とか色々な呼び方はあるにせよ、上記で説明したようなハッキリとしたカテゴリー分けができていたのですが、『専務』とか『会社役員』とかですと、何となく自分自身ピンと来ないというか納得できないというか。。。




俺って、いったい何なんですかね・・・?




「ラーメン屋」「ヤ●ザ」「高●貸し」(←勿論、ギャグですよ!)等々、数多くの方々にお伺いして好き放題言われましたが何か。。。(苦笑) と冗談はさておき、皆さんにマジメにお答えいただいたご意見の中にも、どーも自分の中で納得のいく答えが無くて、本気で「俺っていったい何なんだよ・・・。」てモヤモヤしてたんですよね。 ところがつい最近、偶然ネットで見つけたある言葉に・・・




おぉっ、コレだ!!




と思える呼び方にめぐり合ったんですよ で、その呼び名とは・・・









“BUSINESS COORDINATOR”
 (↑ビジネス・コーディネーター









です ちなみに。。。




ビジネス【business】 とは・・・

・仕事。職業。また、事業。商売。「サイド―」
・個人的な感情を交えずに利益の追求のみを目的として進める仕事。


コーディネーター【coordinator】 とは・・・

・様々な要素を統合・調整し、一つにまとめ上げる係。そういう職業。「会議の―」「ファッション―」
・放送番組全体の進行を図る係。





コレだよ!!(爆)




って心からそう思えましたね!いやぁ、めちゃめちゃスッキリしました♪(笑)




以前tomiyaさんの記事を読んで、私の仕事の中の「営業」という一部分を抜粋して考えてみた時に、私の活動内容というのは“エバンジェリストevangelist)”と呼ばれる方々のカテゴリーに、非常に考え方が近いと思ったんですよね。今までの私の立場であれば、このような考え方でもアリだったのでしょう。しかし常勤役員、それも専務取締役という現在の立場で物事を考えた場合に、この考え方ってちょっと違うんじゃないのかなぁ・・・と思ったんですよね。




極論を言えば、私が「営業」のみに集中して会社が何のトラブルもなく、毎年毎年順風満帆な決算を迎えられるのであれば、専務取締役になる必要性なんて全く無いんですよね。せいぜい“営業部長”くらいに留めておいてもらって、わざわざリスクを取って定款上の取締役になんかならない方が、きっと人生お気楽で楽しいでしょうから(笑)




とは言うものの職制上そんなバカげた事も言ってられないし、会社経営って“生きモノ”ですから、当然のように順風満帆な時ばかりじゃない訳ですよ。受注できると思ってた仕事が流れたり、可愛がってたつもりの社員がいきなり出社しなくなったり。。。 どこの会社でもある事だと思いますが、その他にも人やお金のトラブルがあったり等々、長い事やってると色々とそういう話題には事欠かない訳ですよ(笑)




まぁ長々と色々書きましたが、要は上記の様な事を1つ1つ根気強く処理したり営業したりしながら、うまい事周り(人・仕事・お金)を調整して、最終的にステークホルダーに利益をもたらす様な、いわゆる“内閣官房”的な仕事を担当するような方々を呼ぶ時のうまい言い方を見つけられて、非常にスッキリした喜びを書いてみたくなった訳でして♪(爆)




えっ、どーでもいい・・・?(汗)




次は、いつもどおりラーメンの記事でも書きますんで、どーぞご勘弁を。。。(笑)




おまけ


本日のランチは「特のりタル弁当」でした♪(笑)
特のりタル弁当








2007年08月12日(日)

逆流性食道炎

 
え~、突然ですが皆さん・・・



 
“逆流性食道炎”って、ご存知ですか・・・・・・?




逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)』とは・・・?

 逆流性食道炎は、胃の内容物(主に胃酸)が食道に逆流するために起こる食道の炎症です。食道は胃と異なり胃酸を防御する働きがないため、胃酸が逆流すると炎症が起きやすくなります。炎症が強いと潰瘍(かいよう)が生じて、出血や狭窄(きょうさく:せまくなること)の原因になります。欧米では以前から多い病気で、日本では少ないと言われていましたが、高齢化・食事の欧米化・診断の進歩により、近年日本でも非常に多い病気であることが分かってきました。




との事。具体的にどういう症状かというと、腹部のハリや膨満感・食後の胸やけや不快感(気持ち悪くなる等)・喉の違和感等々、人によって症状の感じ方に多少の違いはあるでしょうが、こういった不快な症状が“慢性的”に起こります。




では、この『逆流性食道炎』は、どんな人に起こりやすいのでしょうか・・・?

●脂肪の多い食事をとる人・・・(ラーメン大好きだし・・・。)
●背中が曲がっている人・・・(ちょっと、そーかな・・・。)
●高齢の人・・・(そろそろ36歳。まぁ、立派な“中年”ですよね。)
●妊娠している人・・・(ある意味、そーかも!w)
●肥満の人・・・(84㌔前後をウロウロ。)
●ピロリ菌の除去治療を受けた人・・・(これは、違いますね!)




何だか私って逆流性食道炎になる為に生活しているって程のあてはまりぶりですよね!(苦笑)
現在、この病気に多い患者さんの傾向として、「中高年の肥満傾向の男性」と「高齢の女性」が
挙げられるそうです。




どーも私、この『逆流性食道炎』みたいなんですよね。長年に亘る喫煙や、最近気になる肥満傾向にある体質、仕事柄どうしても不規則になりがちな生活習慣等々、思いあたる節ばかり・・・。(汗)
ずいぶん昔から体に良くないなぁと思いつつも、ついつい“健康管理は後まわしな生活”でここまできてしまってきたので仕方ありませんが。




今までの私は、いわゆる『気合と根性』が全て!(笑)ってノリでこの歳まで仕事もプライベートも過ごしてきたのですが、どーも最近になって以前より無理が利かなくなって感じが、顕著になってきたような気がしてるんですよね。クライアントとの打合せ中に、胸やけが酷くなってまともに喋れなくなったりして「大丈夫?」なんて言われてみたり・・・・・。若い頃から多少はこういう事もあったりはしたんですけど、ここ最近ちょっと症状が酷くって正直かなり参ってます。




で、ここいらで少し健康管理というものを真剣に考えてみようかなぁと思ってます。多少の体調不良なら、この歳になれば誰にでもあると思いますが、仕事に差し支えるほど具合が悪くなってしまっては、家族や周りの方にも心配かけるし、社会人として失格ですしね。




具体的には、まず“生活習慣の改善”から始めてみようと思います。急に禁煙まではできないにしても、1日あたりのタバコの本数を減らしてみる(せめて、1箱以内にする)とか、暴飲暴食を避けて体重を少しでも減らす(ラーメンは昼だけ・夜の外出は控えめにする)とか、姿勢を良くするとか、自分なりに実践できそうなところから日々意識を持って実行してみようと思います。




まだまだ働かなくちゃならないですし、これも“仕事のウチ”かもしれませんね(笑)





おまけ

先日の臨時総会での1コマ。連絡事項を伝達する、こじこじと福田専務
qhtC00297.jpg









2007年04月10日(火)

CONSULTING(コンサルティング)を極める。

 
皆さん、こんにちは。間もなく“キリ番”のラーメン大好きのぶ山です!(笑)
DSC04930a.jpg
(昆虫の森にて。)




よく私は、人から「のぶ山ってどういう仕事してるの・・・?」って聞かれます。




でもそのような質問をしてくる知人の多くは、私の肩書き(保険・D.P.EYE)の事を知ってる上で、
改めて上記のような質問をしてくるのです。で、いったい何故なのか私なりに考えてみました。
それは多分「CONSULTING(コンサルティング)」という言葉を自分の肌で感じとれる機会が、
私たちの住む群馬県では、まだまだ馴染みが薄いからなのでは・・・・・?と、仮定してみました。




で、この「CONSULTING(コンサルティング)」という言葉を調べてみると・・・・・、




専門家の立場から相談にのったり指導したりすること。また、企画・立案を手伝うこと。




と書いてあります。




この内容にあてはめて私自身を説明するのであれば、私の場合は・・・・・




生命保険のコンサルタント(世間ではその他、ライフプランナー・ライフコンサルタント・保険の営業・保険屋とも呼ばれる。)として、個人のお客様のライフプラン作成(資産運用・リスクマネジメント)のお手伝いから、法人(企業)のお客様のスムーズな経営(様々なリスクへの準備・税金・資金繰り等の相談まで)のお手伝いまで、生命保険という道具を用いて解決することを生業としている専門家。




ってな感じなのでしょうかねぇ、非常に長くなりましたが・・・・・・・・。(笑)




生命保険の仕事について説明を求められた時には、大体いつもこんな感じの内容でまずは
お答えしているのですが、その答えに対してよく返ってくる言葉があります。




要は、保険売って食ってんだろ・・・・・?




まぁ結果としては、その通りなんですがね。(爆) ただそれは、あくまで“結果”としてなんですよ。
ここで、先程調べた内容を思い出してみて下さい。“コンサルティング”という言葉の意味です。




企業や個人に限らず、日々仕事や生活をしていく上で“なくてはならない必要なモノ(道具・手段)”があります。例えば、寿司屋なら包丁、理髪店ならハサミ、農家ならトラクターというように“絶対になければならないモノ”というのは、必ず誰にでも存在するものなのです。




で、この場面でクライアントに必要とされるのが、いわゆる“コンサルティング”なんです。
コンサルティング”という定義で物事を考えた場合、「業種」は関係無いんですよ。要は、何らかの原因によってクライアントが悩んでいる時に、専門家としてその方(個人・企業)の問題点を正確に洗いだし、そして有効な解決法をご提案させていただく。そして、その結果(手段)としてクライアントに必要なサービスや商品を“ムダ無く必要なだけ”提供するという事、これが大事なんです!




生命保険の仕事は、私にとって今までもこれからも大変やりがいのある、とても大切な仕事です。
さらに私には「もう1つの顔D.P.EYE 執行役員)」があります。この会社での私の主な活動内容は、会社の財務面での業務を執行役員として担当する事と、同じく業務担当の執行役員tomiya氏と会社全体の業務の推進や、コンサルティング部門の業務の推進、その他にも共同開発などを含んだ業務提携の推進等、多岐に亘り兼任しています。




今回の記事のタイトルに「CONSULTING(コンサルティング)を極める。」と書きました。
この言葉、ご覧の皆さんはどのようにお考えですか・・・?受け取り方は、様々だと思います。




私が想像するに、「コンサルティングを極める」という事は“どれだけ人々に頼りにされるか。”って事だと思うんですよね。所属する団体(組織)や地域、業種などの様々な枠を超えて、今まで培ってきた業務での経験や結果は勿論の事、さらに上乗せする形で色々な方と出会い、企業やこれから可能性のある事業などをコンサルティングできる人になれるように、これからも日々努力・精進をして自分を磨いていきたいです。







2007年03月25日(日)

motivation(モチベーション)

 
 
お世話になります。「ラーメン大好きのぶ山」です。隣の部屋で嫁はグゥグゥ寝てしまっていて
あまりにもヒマなので、只今1人でグビグビ酒を飲みながらパソコンをイジってます。(笑)




そんな訳で、たまには“独り言”でも書いてみようかなぁ・・・、と思います
 



『motivation』(モチベーション)




普段、私が生活している中でよく使う言葉です。たぶん皆さんもよく耳にしますよね・・・?




ちなみに『motivation』(モチベーション)とは・・・・・・・・。

生活体(人や動植物)を行動へ駆り立て、目標へ向かわせるような内的過程。行動の原因となる生活体内部の動因と、その目標となる外部の誘因がもととなる。

動機や意欲を与えること。刺激。熱意。




何かをやってみよう!」とか「やり遂げるぞ!」ってな場合に、自分の中にある“決意”や“やる気”を実行に移す為のエネルギーみたいなモンです。私の場合、何事にも全力(良くも悪くも“力加減”を知らないので)で物事を進める性格なので、コノテのやる気には昔から事欠かなかったのですが、特に20代の中・後半くらいからこの『motivation』(モチベーション)という言葉を意識して行動したり、自分をコントロールするようになったような気がします。




私の年齢も、早いもんで30代半ばに差しかかってまいりました。で、歳を重ねてゆく毎に自分の中の価値観というモノも、年々いい意味で変化していっているように思います。最近の私しかご存知でない方には信じられない話かもしれませんが、若い頃(特に20代前半くらいまで)は結構ネガティブな思考の持ち主で、なかなか前向きな努力をする事があまり得意ではない方の人間だったのですが、この『motivation』(モチベーション)という言葉を意識してからは、徐々にですが違ってきました。




嫁や家族との生活、仕事(生命保険コンサルタント・D.P.EYE執行役員)、JC(沼田青年会議所)
活動などの様々なシーンで、多種多様の責任を自分が持たせていただける立場になって、改めて
人生の醍醐味と幸福感を味わっているような気がしています。そして、いつもこう思います。




自分が乗り越える“壁”を作ってくれる皆さんに感謝!




前向きな姿勢で、元気良く自分の人生を楽しむには、日頃から『motivation』(モチベーション)UPを意識して生きていく事が大変重要なキーワードだと私は思っています。自分の頭の中に“困難”だとか“苦労”とかいう言葉が浮かんでしまった時には、原点に帰って本来自分が目指している目標をもう一度見つめ直し、どうしたら前に進む事が出来るのか知恵を絞り、また工夫し、しっかりと納得いくまで考え抜き、そして行動(実行)すれば、良い結果は付いてくると思ってます。(←勝手に。)




このブログをご覧の皆さんは、どう『motivation』(モチベーション)UPをしてるのでしょうか・・・・・?
私の場合、様々な分野で「向上心が高い人と会話をする事」が自分には効果がある気がします。
他にも何かいい方法をご存知の方がいたら、後でこっそり教えて下さい♪(笑)







2006年08月01日(火)

あなたの年収は・・・?

 
先日、とある企業にお邪魔した時に、その企業の役員(しかも代表クラス)
の方にこんな事を言われました。




『齋藤さん(私の苗字)は、年収どれ位稼ぐんだい・・・?』




その話に至るまでの途中経過は長くなるので省略しますが、プロフィールにも表記してあるように、
私は生命保険のコンサルタント(要は営業)とD.P.EYEの執行役員(主にGAM、財務)と2つの
仕事をしているのですが、要はその役員の方が言いたかったのは・・・




『オマエ俺より若いクセに、大した仕事もしないでイイ金もらってんだろ?』




皆さん、どー思います・・・・・? そして、その後も・・・




『この辺の平均年収は、250万位しか無いんだぞ!』とか、




『イイやなぁ、若ぇのにリッチな生活が出来て・・・。』とか、不満タラタラ。




一言いわせてもらえば、別に全然リッチなんかじゃないですよ・・・。
元々、普通のサラリーマン家庭の子供だし、車だってカローラだし。




私が正直に思った感想は、この会社の社員は可哀想だなって思いました。
こんなマイナス思考の役員が在籍していては、いくら社員が前向きな
気持ちで頑張ったって会社は伸びないと思うんですよね!




例えば身近なトコでいえば、tomiyaさんなんて私より4つも年下ですが、マーケティング事業を
自分の力」で営みながらD.P.EYEの執行役員(主にB-Promotion)の仕事を一生懸命
寝る時間削って頑張ってメシ食ってるわけだし、私にしたって少しでも手を抜けば、すぐに路頭に
迷ういわば「背水の陣」の身分で仕事をしながらメシ(主にラーメン)食ってるんですよ!
それに、中沢社長率いるD.P.EYEのメンバーだって毎日遅くまで頑張ってるんですよ!
犯罪者じゃあるまいし、そんな都合良く楽して金を稼ぐなんて無理だってことですよ!




そんなに人のことを僻んで嫌味言う暇があって、そんなに金が欲しいなら
もっと一生懸命仕事して稼げばイイじゃないですか! 皆さんもそー思いませんか?
身の周りに探せば仕事なんていくらだってあるわけだし、自分の会社や社員の将来
まで真剣に考えてたら、そんな台詞は絶対に言えないと思うんですがね




私に言わせりゃ、『イイ大人のクセして、そんな事も分かんねぇのかよ!』
ってな感じですよ、まったく・・・・・。




私はそんな大人にはならないぞ!って仕事しながら思った1日でした。
明日は、午前中と夕方から夜にかけて会議だらけの1日です。頑張るぞぉ~!













2006年06月28日(水)

『 かきいれどき 』

世間は、お中元シーズン真っ只中ですねぇ。今年のお中元の傾向は、自分の両親宛てに送るという購買層が上昇傾向にあるようです。
それに伴い、関係業界のお客様争奪戦が激しさを増してます。




さて、忙しいといえば『かきいれどき』という言葉があります。
私達が普段から何気に使っているこの言葉、正しく漢字で書くと・・・


掻き入れ時

書き入れ時

欠き入れ時


皆さんは、どれが正解だと思いますか?
















正解は、書き入れ時 だそうです。




平成18年度のNHKのインターネットによる調査によると、調査対象者の約70%の日本人が正しい漢字で書けないという結果が出ました。




書き入れ時』という言葉の語源。

昔の商人(番頭さん)が、取引が増えたり商品が沢山売れたりして、帳簿に書き入れる事が多くなる様子から、この『書き入れ時』という言葉が生まれたといわれています。




PC・インターネット等が普及した今日の便利な世の中で、こういう話をたまに聞くと、何か日本人として大切なモノが失われてるような気になります。




皆さんは、ちゃんと書けましたか・・・?(笑)








Appendix

楽天でお買いもの

ツイッター

最近の記事


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。